読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェルシーの強固な守備は弱点だらけ!?その攻略方法とは【現状把握編③】

チェルシーの強固な守備は弱点だらけ!?その攻略方法とは【現状把握編③】

 

これまでチェルシーの守備の特徴を2点述べてきた。

チェルシーの守備は3バックではなく5バックである。
チェルシー各選手の守備は積極的である。

本稿ではこの2点が実際にどういうメリット/デメリットを
もたらすのか、より一般的である4バックとの比較を用いて
説明していく。

 

[①ー1]4→5バックに変わったことによる守備的なメリット

当たり前ではあるものの、5バックとは、4バックと比べて最終ラインの人数が一人多いということである。
それも最終"ライン"であるわけだから、横方向(タッチライン方向)に
一人多い。
つまり、相手のサイドからの攻撃に対して強いということである。
そんな単純でいいのか!?という意見もあるかもしれない。
しかし、4バックという布陣は、現状の選手の運動能力(スピード、スタミナ)とボールスピードにおいて、サイドtoサイドを守りきる為に、必ず"スライド”(チーム全体がボールサイドに寄る)が必要になる。

もし、これを怠ると、サイドチェンジされただけで、自陣ががら空きになるか、或いは選手間の距離が離れすぎ、ゴールに直結するようスルーパス(DFラインの間を通るような)やドリブル(カバーがいない為、一人抜かれるだけで大ピンチ)を簡単に許してしまうことになる。

しかし、5バックの場合、横方向に一人多いことで、このスライドの必要性が小さくなる為、相手のサイドからの攻撃に対して強くなるのである。

例えば、相手が右サイドに展開した時に、中央にいた選手がスライドして
ボールホルダーにアプローチするより、右サイドにいる選手がアプローチしたほうが、当然速く、厳しいプレッシャーをかけることができる。

もっといえば、スライドの必要性が小さくなることで、スライドすることによって生じるスキが小さくなる。
そのスキとは、選手がボールサイドに寄ろうと移動することで生じる、
・マークの受け渡しミス(或いは相手選手を見失う)
・選手間にギャップを作ってしまう(ポジションニングミス)
である。

現状のチェルシーの他クラブに比べて失点数が少ないのはこのメリットの働きによるものであると私は考えている。

 

[①ー2]4→5バックに変わったことによる攻撃的なメリット
①ー1で記述したような守備的なメリットはもちろん攻撃にも良い影響を及ぼす。4バックではスライドによって相手のサイド攻撃に対応する必要がある為、必然的に、相手選手がサイドでボールを持ったとき前方が開けている状態が少なからずあることになる。
すると、守備時の移動ベクトルは空いたスペースを守るために、自陣方向を向いてしまう。
しかし、5バックの場合相手がサイドにボールを展開したとしても、スライドをせずとも、サイドに選手がいる為、移動ベクトルはボールに向かっていく、つまり、前方を向いて守備ができる。

すると、ボールを奪った時に、チーム全体が前を向いた状態である為、タイムロスが少なく、相手がより準備できていない状況でカウンターできる。
つまりは得点を奪う確率が増えるのである。

現状チェルシーがカウンターによって多くの得点を奪うことができるのは選手の特徴のみならず、5バックという戦術が大きく寄与していると考える。

ー次項へ続くー

 

チェルシーの強固な守備は弱点だらけ!?その攻略方法とは【現状把握編②】

前投稿に引き続き、チェルシーの守備の現状把握を行っていく。

②チームに浸透する高い守備意識

意外という意味で強調されるのは右WBのモーゼスではないだろうか。

レンタル移籍で他のクラブを渡りあるいてきた時でさえ、攻撃的なイメージのある選手で、一般的に高い運動量や守備力を求められるWBで定着するとは予測できなかった。

ここまで信頼されているのはボールを奪う力などではなく、高い守備意識(5バックとしてポジションを守ること、相手のサイドアタッカーに対してついていくこと)があるからだと私は考えている。

当然両サイドのWBは攻撃の役割を担っている。だからこそ攻撃的な役割を果たしてきた選手は、運動量が必要で、攻撃から遠ざかってしまう守備の役割をサボタージュする傾向にある。例えば、相手のサイドアタッカーがDFラインの裏をつくようなランニングをした場合に目を離していたり、ついていかない等があげられる。

味方が守備をしている時に高いポジションをとっていれば、ボールを奪った時、よりチャンスに近い位置にいられるからである。

そして今季のチェルシーは上記のような守備意識がチームに浸透している。

 前稿であげたように5-4-1のような守備の布陣を置けるのも、アザールやペドロなどの攻撃的な選手が、ボランチと並んで守備をしているからであり、トップに鎮座するジエゴ・コスタまで、守備時のプレッシャーは明らかに昨季より運動量が増えている。

全体の重心が低いディフェンスで失点数を少なく留めている大きな要因である。

 

 

チェルシーの強固な守備は弱点だらけ!?その攻略方法とは【現状把握編①】

2017年2月5日現在、チェルシーは第24節を終えて、2位に9ポイント差を離して首位に立っている。 得点力(51得点 プレミアリーグ3位 ※最多は52得点)守備力(17失点 プレミアリーグ2位 ※最少は16失点)ともに首位にふさわしい成績を残している。

昨シーズンのチェルシーが59得点53失点で10位という最終的な成績を思えば、攻守において凄まじい変化を遂げているのは間違いない。

その変化の象徴としてあげられるのは、コンテ監督の就任により、3バックが採用されたということである。

無論、攻守は表裏一体であり、得点力、守備力についてどちらも影響はあるが、得点力については今季の得点に関してチェルシー以外のトップ4の平均得点が50点である為、さほど特出した数字ではない。

ただ、17失点という数字は3位アーセナル28失点、4位リバプール30失点と特筆すべき数字である。

その為に、チェルシーの評判として聞こえてくるのは、"今年のチェルシーは堅い"という言葉である。

しかし、私はその言葉について反論したい。勿論数字として結果を残している以上、堅いというのは間違いではないかもしれない。

ただ、この言葉に含まれるであろうチェルシーの守備は素晴らしいという意味に反論したい。

率直にいっていまえば、チェルシーの守備が良いのでは無く、他のプレミアリーグのクラブが愚かである為にチェルシーの失点数が少ないということを言いたいのである。

チェルシーの守備は弱点だらけにも関わらず、他のクラブは全く弱点を攻めることなく、自ら蟻地獄にはまるようなプレーを繰り返している。

本稿ではチェルシーの弱点を紹介する前に現状把握、つまり現在どんなアプローチで守備を行っているのかについて言及していきたい。

弱点については今後紹介していく。

 

①3バックとは名ばかりで実際には5バックである

現在チェルシーのフォーメションは3-4-2-1として紹介されている。

しかし、3バックを採用するほとんどのチームは実際には5バックと表現するほう正しい。

なぜなら、実際の守備の場面ではモーゼスとアロンソが務めるWB(ウィングバック)はセンターバックの3枚とラインを揃えて最終ラインが5枚になる場合がほとんどだからである。勿論フォーメーションの表現方法については議論の余地があるだろうが、それはまた別途書いていきたい。

私がチェルシーの守備を表現するなら5-4-1と表現する。

つまり、WBも含めた最終ライン5枚にカンテ、マティッチが務める、ダブルボランチ。そして比較的前線に意識がある左サイドのアザール、右サイドのペドロ(もしくはウィリアン)も守備時にはボランチのポジションとラインを並行、つまり2列目として守る意識がある。そして、前線のジエゴ・コスタがトップに鎮座しているという形である。

 

・・・・次稿に続く

 

 

岡崎慎二は早々に移籍すべき!岡崎がレスターに合わない3つの理由

岡崎慎二はレスターに合わない!?

下記に理由3つをまとめました。

ぜひともご覧ください。

 理由①

daisuke-asabana.hatenablog.com

 

 理由②

daisuke-asabana.hatenablog.com

 理由③

 

daisuke-asabana.hatenablog.com

 

岡崎慎二は早々に移籍すべき!岡崎がレスターに合わない3つの理由

 前投稿までに岡崎がレスターに合わない理由として2つの理由を上げてきた。

前回までの2つの理由は岡崎選手を賞賛する内容であるが、最後にあげる理由は、

岡崎に対するネガティブな内容である。

 

daisuke-asabana.hatenablog.com

 

daisuke-asabana.hatenablog.com

 

③リンクマンは勘違い!不得手なプレーを要求される岡崎

2つ目の理由でも紹介したように岡崎は"リンクマン"と呼称されることがある。

中盤と最前線を繋ぐ重要なプレーとして、下記のような記事の中に随所にそのプレーを賞賛する文面が踊っている。

sportiva.shueisha.co.jp

私の記憶ではラニエリ監督や昨シーズンの相方でもあるバーディーもそのリンクマンのプレーに対して賞賛をするコメントを出している。

それでも私はリンクマン岡崎は役にたっていないと断言したい。

なぜリンクマンとして役にたっていないというのか理由を述べる前にリンクマンとは一体どういうプレーかを考えていきたい。

 

中盤と最前線を繋ぐプレーとはいったいどういう時に必要になるのかといえば、それはビルドアップの時である。

つまり低いポジションでボールを奪った時、全体を押し上げ、ボールを前に運ぶ段階のことをいっている。

相手を押し込んでいるのならそれこそ中盤と最前線は肉薄しているし、高い位置にボールがある時など、ゴールに近いのだから中盤と最前線を繋ぐ必要などない。

 となるとこのリンクマンとしてのプレーはビルドアップの際に、ボールホルダーに対して、サポートをし、ボールを受け、前線に繋ぐということを意味している。

 

実際にこのリンクマンの役割を果たそうとする岡崎のプレーすべてを追うことはできないから、代表的なプレーのパターンを書いていく。

①レスターが低い位置でボールを奪う

②岡崎がボールをもらおうと中盤で留まり、パスを受けるようとする

③岡崎がボールを受け取るとワンタッチでマイナス方向にパスを出す

④味方が前線に繋ぎチャンスを作る

私が代表的なプレーとして紹介するのは上記4手順である。

 

ネガティブな内容であるのにしっかりと前線に繋いでチャンスを作ると書いたのは、多くの人が賞賛しているのは実際に前線に繋ぎチャンスができているからである。

 

ただし、それは岡崎の功績では無く、むしろ岡崎が作ってしまったハンディを味方が跳ね返しているに過ぎないと私は考えている。

 では一体上記のプレーの中で岡崎がチームに対してどういうハンディを作っているのか?
まず②の時、岡崎は監督の指示の通り、リンクマンの役目を果たそうと中盤に留まる。
これは前線に走ることでできる利益、つまり前線に走ることによって、相手のDFラインを下げるorマークを相手側後方に引っ張るということを犠牲にしている。
岡崎が中盤に留まることによって本来後方に引っ張られるはずのマークを中盤に引き連れてきてしまっていることを忘れてはならない。
それを代償にして、ボールホルダーから近いポジションをとることで、レスターはパスコース即ち、ボールを動かすことができるという利点を得ている。
 
さらに問題なのは、このボール動かす役目を担っているのが岡崎という点である。
もちろん岡崎が中盤に降りてきたのはボールを受ける為である。マークを引き連れてきてしまっているのだから、パスコースを増やしたところで、数的優位にはならない。
これは多くの人が共有している感覚だと自負しているが、岡崎はボールを持つプレーを得意としていない。
ボールを持った時にスピードがあるわけでなく、技術が高いわけではない。つまり他の選手に比べて、ボールを奪われやすい選手であるということである。加えてフィードが出せる選手でもない。
それは岡崎自身を理解しているようだから最も簡単な③のプレーに至るのである。
岡崎選手がボールを受ける位置は中盤である。それもビルドアップ時の中盤であるから、敵選手の多くが高い位置にいる場合が多く、それも代償としてマークを引き連れてきてしまっているから、岡崎は高いプレッシャーを受けることになる。
となると当然前を向くのは難しい。ただボールを持ってしまえば、得意としていないプレーであるから奪われてしまう確率も高い。
結局プレッシャーを受ける前にボールを出すためにワンタッチ(もしくは少ないタッチ数)で後方にパスをするという選択になるのである。
さらに悪いことに岡崎は中盤に留まりボールを受ける為に後ろを向きながら、ボールを待つのである。となれば、マイナスのパスは読まれやすい。
 
上記の条件が揃った結果、岡崎がリンクマンの役割を果たすとパスを受け取った味方選手は強いプレッシャーを受けながら危険な状態でボールを受けることになるのである。
 
これが私が岡崎のリンクマンとしての役割が役に立っていないと断言する理屈である。
では実際に前線に繋ぐ為に貢献していたのはだれかと言えば、岡崎に無い特徴を持っている選手である。
フィードのあるドリンクウォーター。テクニックのあるマフレズ。スピードのあるカンテ。等の能力によるところが大きく、彼らがそのハンディを跳ね返す能力があったからであると私は判断する。
 
反論として岡崎が下がったことによって、バーディが裏へ抜けやすくなったという意見があるかもしれない。
しかし、それは岡崎がリンクマンの役割を果たすことによって生まれるのでは無く、ポジションのギャップを作ることが重要なのであって、わざわざパスを受けようと後方を向く必要などない。
それに前線に二人いたほうが、相手の最終ラインはそれだけマークにつく必要があり、バーディーを見る選手が減るというものである。
 
つまるところ、岡崎は中盤に下がるのは止めて最前線にポジションをとるようにすべきであり、トップ下として起用されてしまうクラブにいるべきでは無いと、私はそう言いたい。
 
 
 
 
 

 

 

 

岡崎慎二は早々に移籍すべき!岡崎がレスターに合わない3つの理由

前投稿に引き続き、レスターに岡崎が合わない理由を紹介したい。

 

daisuke-asabana.hatenablog.com

 

②岡崎選手のお株を奪ってしまうバーディーの存在

奇跡の優勝と言われた昨シーズン。岡崎選手の貢献度が高いと評される記事を何度も見かけたが、主に評価されていたのは、守備の貢献と"リンクマン"として前線の中盤の繋ぎ役として貢献したというものだった。

レスターといえば4-4-2の布陣がおなじみであり、岡崎選手は前線の"2"として出場していたもののその役割は最前線では無く、ビルドアップの際には相方のバーディよりも下がったポジションを取り、ボールを経由する役割を担っていた。

しかし、私は岡崎選手がFWとして最も能力の高いと思えるのは相手を出し抜く(裏を抜ける)動きであるから、レスターシティーではそのお株が奪われてしまっていると感じている。

日本代表として右サイドでプレーしていた時も、マインツで2ケタ得点を奪ったときも、その動きだしで相手を翻弄して得点を奪っていた。

他の選手に比べてスピードがあるわけでもなく、体も小さく強いとは言えない。

加えてボールコントロールはお世辞にもうまいとはいえず、その為にボールホルダーとなった時にDFをいなすという場面もほとんど無い。(トラップで相手をいなす場面はあるが・・・)

さらにいえば、シュートの技術も低い。岡崎選手のプレーを追っていると度々、余裕のある場面で正面にシュートを打ち込む場面に出くわすのである。

にも関わらず歴代の日本代表で3番目にゴールを決めているのは、前投稿にも書いた守備のように賢いポジショニングができる為であると考える。

端的にどういう動きが優れているのかといえば、味方のボールホルダーにタイミング良くボールを出させる動きができるという点である。

それだけを聞くとなんだ普通じゃないかと思うかもしれないが、単純に裏を抜ければいいというわけではない。

例えば、味方の選手と心が通じ合い、以心伝心できれば、どんな選手でも簡単に裏をとることができる。

鬼ごっこで逃げるほうが追うほうよりも有利であるように、DF側は相手の動きに対応するしかないのだから、ボールの出し手と完全に意思疎通できれば(ボールが出ると同時に抜け出せば)、遅れてDFは対応することになる。

しかし、実際にはボールを持ったときには多数の選択肢があり、無数のタイミングが存在し、蹴る為にはそれなりに時間を要する。すると通常の裏への抜け出しは、事前に前線の選手が裏へと抜け出す動きをして、それを見たボールホルダーがボールを蹴るという手順になる。

するとDF側からすれば、ボールが出る前に事前に裏へ抜け出す動きをしているのだから、対応する時間があり、それほど遅れずに済む。

そのために、裏へ抜け出す選手はバーディのように尋常ならざるスピードが必要とされるのである。

岡崎選手の場合バーディほどスピードが無い代わりに味方の選手のパスのタイミングを読み、走りだすタイミングとボールが出るタイミングのタイムラグを小さくすることで、相手DFを出し抜くのである。

これが上記のタイミングの良くボールを出させる動きである。

例として、味方選手がトラップして顔を上げるタイミングで走り出す等があげられるが、この味方のプレーを読む賢さは守備時の相手のプレーを読む力と共通するところがある。

岡崎選手は常に得点をとらなければならないと強く自負を述べているが、彼が得点を奪うためには技術を補う為に自分の長所を生かす必要があると考える。

その為にバーディのように裏を抜けるプレーを得意とする選手がいるレスターでポテンシャルを十分に発揮できないと判断する。

即ち岡崎を最前線として使ってくれるクラブに移籍するべきである。

私はそう言いたい。

 

 

 

岡崎慎二は早々に移籍すべき! 岡崎がレスターに合わない3つの理由

1月22日 プレミアリーグ第22節 吉田選手が出場するサウサンプトンに3-0で完敗。

レスターシティはこのゲームで岡崎選手をトップ下に据えた4-3-1-2の摩訶不思議な布陣でスタート。昨シーズンの後半戦4-4-2のシステムで強固な守備を誇ったレスターはどこへやら。

中盤3枚で守備をするために両サイドが空きすぎ、中盤は振り回され、ボールホルダーがフリーになった影響でただでさえ低いDFラインはさらに下がり、前線との大きなギャップを作ってしまい、守備の崩壊を招いていた。

守備意識の高い岡崎選手でさえ、中盤の3枚に取り込まれてまで守備をするとこまでいかず、あくまで出張するという形でフォローにまわるというくらいに留めていたのはやはり戦術なのだろうか。

だとすれば、その時のレスターは少ない人数(4-3)で守って、少ない人数(1-2)で攻撃するというような昨今のトレンドからも昨シーズンからも逆行するような戦い方を選んでいたように思える。

ラニエリ監督の中で、どういう理屈があるのかは不明だが、私見として全く利益のないシステムだった。

ただ、レスターの成績の不振如何に関わらず、岡崎選手はレスターに合わないと断言したい。それは岡崎選手がレスターで活躍できないという意味では無く、ポテンシャルが十分に発揮できないという意味で。

その理由は3つあるが、今回はその内一つを書きたい。

 

①岡崎選手の守備能力が生かされないレスターの基本戦術

私は岡崎選手の特出するべき能力として、守備の能力の高さを挙げたい。

前線からの守備という括りでいえば、世界一といっても過言では無いと考えている。

それはとてつもないフィジカルやスピードを持った選手よりも脅威であるという意味で言っている。

なにが凄いのかを端的に言うなら、相手の行動を読む力、ボールホルダーへの接近の仕方、スプリントの使い方の3点である。つまりは、相手のCBやSBがボールを持った時に相手の縦のパスコースを塞ぎ、塞ぎながら相手に接近し、さらに相手が出す横パスを読んでスプリントするということを常にできる。

その結果、どういうことが起きるのかというと、当然、相手のプレーが制限されていることで、岡崎選手自身や味方がボールを奪うことができる。

もちろん相手も馬鹿では無いから奪われると思えば大きく蹴って逃げたりするが、プレーが制限された状態で数的不利な岡崎選手側の自陣に蹴りこんでしまえば、十中八九マイボールになる。

岡崎選手が前線から守備を行うと必然的に上記2点の状況によりボールを奪う場面が増えるのである。

 

ただし、これには条件がある。

味方のDFラインが高い場合に限るという点である。

なぜならDFラインが低ければ、相手はプレーできるエリアが広がるということである。

プレーできるエリアが広がるということは、相手選手一人一人のスペースが増える。

例えば、いくら前線の選手が前から守備をしていても、DFラインが低ければ、相手の前線の選手は広大なスペースがある為に、大きいボールをマイボールにしやすく、それもスペースがある状態でボールを持てる為、危険な状態を招くことになる。

それもロングボールを奪ったとしても相手はロングボールを蹴って、前線に出している為に全体が前がかりになっておらず、リスクも低い。

そこで、レスターの話に戻ると、レスターはDFラインを低く(というよりも下げて)戦っている。もちろん相手にスペースを与えるのは危険であり、愚かな行為であるから、全体で下がる。つまり相手の最終ラインの選手にスペースを与える代わりに、相手の前線の選手に対するスペースを消している。

となると岡崎選手の前線からの守備は距離感とスペースがありすぎる為に全くプレッシャーがかからない。

そうなると岡崎選手がその場面でできる守備は相手のパスコース(もしくはスペース)を消すことしかできない。

もちろんそれだけでも他の選手より優れているといえるが、得点に結びつきやすいショートカウンターを生み、相手の攻撃を崩壊させることができる岡崎選手の守備が役に立たなくなってしまうと私は考えている。

つまり岡崎選手のポテンシャルが十分に発揮できるクラブとは、DFラインを高く設定するクラブである。

私はそう言いたい。